Profile

会社概要

商号 三陽商事株式会社
代表者 井上英彦
本社 岡山市北区南中央町8−13
工場 岡山市東区宍甘208番地
創業 昭和23年
会社設立 昭和33年
資本金 20,000,000円
従業員 20名
生産規模 各種アミノ酸液 700kl/月
廃水処理能力 嫌気性廃水処理 800KgBOD/日
生物酸化処理 420KgBOD/日
工場設備 土地8,300u 建物2,500u
取引銀行 みずほ銀行岡山支店 百十四銀行岡山支店

沿革

昭和23年 3月 故会長井上政彦が岡山県児島市(現・倉敷市)赤碕において直分解アミノ酸液を製造。食料品配給公団へ出荷を始める。
昭和28年 4月 グルタミン酸ソーダの副産アミノ酸液(旭化成工業、味の世界、味日本、江崎グリコ栄食)の精製加工及び販売を開始する。
昭和33年 3月 資本金100万円にて、現在地に三陽商事株式会社を設立。
昭和36年 3月 岡山市宍甘に新鋭工場を新設移転。
昭和48年11月 資本金1,000万円に増資。
昭和51年 6月 岡山市南中央町に現本社屋を新築。
昭和58年11月 工場拡充。生物酸化廃水処理装置増設。
昭和62年12月 全自動フィルタープレス設置。
平成 1年 2月 高効率全自動濃縮装置設置。
平成 1年 4月 低塩アミノ酸液製造のため脱塩装置設置。
平成 1年 6月 アミノ酸液自動脱色装置設置。
平成 3年11月 公害対策設備UASB法嫌気廃水処理リアクター設置。
平成 4年 7月 製品品質向上のためセラミック膜濾過装置設置。
平成 4年12月 工場新事務所及び受電設備設置。
平成 5年12月 アミノ酸液全自動脱色装置設置。
平成 8年 5月 低塩アミノ酸液増産にともない脱塩装置を増設。
平成11年 4月 井上英彦代表取締役社長に就任。
平成11年 9月 公害対策装置プラズマ脱臭装置設置。
平成12年 8月 品質安定化のため近赤外分析装置導入。
平成14年 2月 遠心式薄膜真空蒸発装置設置。
平成15年 7月 グラスライニング製アミノ酸分解装置設置。

事業内容

●醤油、佃煮、漬け物、ソース業界など、食品工業向け各種アミノ酸液の製造販売。
●食品工業向けアミノ酸系天然調味料の製造販売。
●生揚げ醤油、ブドウ糖果糖液糖、FRPタンク、醸造機械など食品工業向け資材の販売。
●委託加工、OEM等、さまざまなご要望に対して相談を承ります。